進学塾と補習塾の違いとは?|メリットデメリットについてもご紹介!

公開日:2024/06/13
進学塾と補習塾

進学塾と学習塾では、どのような違いがあるのか、分かりづらいと感じている人も多くいます。また、自分の目標を達成させるためには、どちらの塾がいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

難関校の受験を目指す場合と、学校の授業の理解度を上げるためでは、学習方法は異なります。どちらにしても、効果的な学習をするためには自分に合った塾を選ぶことが大切です。そのために知っておくべき、それぞれの特徴について説明します。

進学塾の特徴

進学塾の特徴は、難関志望校への合格を目指し、入試に特化した対策をおこなっていることです。そのため、学校の授業の内容はある程度理解していることが前提となるでしょう。

なかには、難易度の高い学びを得るためや、苦手な教科を補強してレベルアップしたい生徒もいます。さらには、生徒だけではなく、新しい受験情報を得たい保護者にとってもメリットは大きいといえるでしょう。

とはいえ、進学塾に通うのは高学力の生徒だけではありません。中堅クラスの受験を目指す場合でも、長期的に対策するために利用することもあります。

進学塾では、常に受験のことを意識する環境にあります。そのため、同じ目標を持つ友達の姿を見て、志望校に合格するために、より努力するようになるでしょう

また、難関校を目指す生徒にとっては、情報を得ることが合格のキーポイントになります。そのためには、過去の出題傾向を知り、質の高い解説を得ることが必要です。とくに大学入試の合格を目指している場合は、自分に合った学習塾を選ぶことが重要になります。

進学塾に通うメリット

進学塾は、入試合格を目的としている塾です。そのため、学校の授業よりも難易度が高く、応用問題が解けるように学習力を高めていきます。

志望校のレベルに沿った学習カリキュラムが組まれていることが、学習塾の特徴です。過去問など、入試対策として演習問題をこなしていくことで、実践力が身につくようになるでしょう。

成績別にクラス分けしている集団学習塾であれば、成績が上がると、クラスのレベルも上がっていきます。

そのため、生徒のモチベーションアップにつながります。また、ほかの生徒が頑張っている姿も目に入るため、自分も頑張ろうという気持ちになるでしょう。

志望校に合格するためには、入試や受験の情報戦は最も重要です。進学塾では、難関校に合格する生徒の実績がとくに重要とされています。そのため、受験情報をいち早く教えてくれることも、メリットのひとつです。

進学塾によっては、保護者会や面談など、手厚いサポートをおこなっているところもあります。また、同じ目標を持った生徒たちのなかでも、入試などの情報が得られることもあるでしょう。

進学塾のデメリット

進学塾の場合は、集団学習の形態が多いのが特徴です。また、講師が一方的に話をしているのを聞いて学ぶため、質問しづらい環境といえます

そのため、不明な点を聞けず、理解できないことが増えていってしまいます。さらには、授業についていくことがやっとであれば、モチベーションが下がることにもつながります。

さらには、生徒の一人ひとりに気を配ることは難しく、距離感を感じてしまうこともあります。

生徒自身が、自分のことを管理できるタイプでないと、授業についていくのが苦痛になってしまいます。年齢の低い小学生などでは、余計につらいと感じてしまうかもしれません。

志望校合格のために、生徒同士で良い刺激を与え合えることもあるでしょう。しかし一方で、競争が激しくなってしまうことも起こり得ます。

さらには、ほかの生徒の成績を意識し過ぎてしまう可能性もあり、その結果、疲れてやる気がなくなる生徒もいます。そのため、それぞれの生徒のペースや学習方法にしていくことが必要です。

補習塾の特徴

補習塾は、学校の授業内容を理解できるように、学習を補うことを目的としています。定期テストの点数を上げること以外にも、学校の授業についていくのが難しいと感じている場合にも効果的です。

また、学習する基本的な方法を知ることで、学習習慣を身につけられます。学校で習う基礎内容を理解し、問題が解けるようになることも、補習塾に通うメリットのひとつといえます。

学習塾とは異なり、補習塾では個別指導が多いのが特徴的です。ひとりの講師に対して、生徒がひとりもしくは、少人数制としている場合が多いでしょう。

個別指導では、比較的スケジュールの調整がしやすく、部活動などとの両立も可能です。初めて塾に通う場合や、特定の苦手教科がある生徒にも向いているといえます。

講師と生徒との距離も近いため、質問もしやすく一人ひとりのサポートも手厚くおこなえます。勉強が苦手な場合でも、学校のカリキュラムに合わせた指導をすることで、授業についていきやすくなるでしょう。

補習塾に通うメリット

補習塾では、学校の授業で習う基礎内容をしっかりと定着させるため、補習することを目的としています。授業内容の理解が難しくてついていけず、成績が伸びない生徒に合わせたカリキュラムでの学習をおこなっていることが特徴です。

勉強が苦手でも、基本的な学習方法を身につけられるように、分かりやすく指導するノウハウを持つ補習塾は多いでしょう。また、保護者にとっても、家庭での学習方法も含めて相談にのってくれることは、大きなメリットといえます。

また、苦手な分野や教科について重点的に対策できるのも、補習塾の特徴です。一人ひとりに合った学習方法で指導するためには、個別指導のほうが効果的でしょう。

予習や復習方法について正しく理解することで、普段の授業の理解度が深まります。補習塾では、学習方法について丁寧に指導してくれることもメリットです

ほかにも、推薦入試対策として、内申が上がる様に指導をおこなっている塾は多くあります。普段の成績だけではなく、定期テスト対策について特化した授業を設けているのも特徴的でしょう。

補習塾のデメリット

学校の授業のための予習や復習、そして定期テスト対策の学習をメインとしているのが補習塾の特徴です。そのため、標準とされるレベルよりも高い学習をしたい生徒にとっては、不向きといえます

補習塾は、学校の授業の進捗に合わせたカリキュラムになっています。難しい問題を解きたいとか、内容が簡単過ぎてもの足りないと感じる生徒であれば、学習塾の方が向いているでしょう。

推薦入試をするつもりであれば、受験を目指すためではなく、内申点を上げるような学習方法をすることが一般的です。しかし、志望校が難関校である場合は、補習塾での学習では不十分といえます。そのため、自己学習または別の方法を検討する必要があります。

また、小さな学習塾であることが多いため、受験や入試の情報が入りにくいというデメリットがあります。難関校などの受験を希望している場合には、学習塾の利用を検討すべきでしょう。

まとめ

進学塾と補習塾とでは、指導方針や授業形態などが異なります。生徒によって、目標や学力も違うため、それぞれに合った塾を選ぶことが重要です。
進学塾は、難関校の受験を目指し、入試対策に沿った学習カリキュラムが特徴です。また、受験や入試に関する情報について、進学塾から提供されることも多くあります。
一方の補習塾では、学校の授業内容を補足することを目的としています。勉強が苦手であったり、不得意な科目があったりと、基礎学習をしっかりと習得するために利用することが多いでしょう。
それぞれの目標に沿ったカリキュラムはもちろん、一人ひとりに合った学習方法をおこなっているかが最も大切なポイントです。

【ジャンル別】墨田区の学習塾

墨田区でおすすめの学習塾TOP7!比較表

イメージ<<<<<<<
学習塾名進学塾グロウズ臨海セミナー栄光ゼミナール個別指導 スクールIEena(エナ)個別教室のトライ個太郎塾
特徴中学生の定期試験対策の実績が豊富!優秀な講師陣が在籍!受験対策はもちろん、成績・学力アップなどにも力を入れている!少人数制の指導なのでひとりひとりが最適な指導を受けられる!ひとりひとりに対してオーダーメイドのテキストを作成!自分にぴったりの学習が可能!対面と映像によるダブル学習システムを活用!サポートも徹底!120万人指導してきた実績があり、それによって生まれた独自の学習法を持っている!苦手を得意にする弱点発見テストが存在する!授業と連動した宿題がもらえる!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事